2009年9月25日金曜日

搬入開始

今週からフレイシャー美術記念館での展覧会のための搬入が始まった。昨日、つなぐ本の為の本棚と、つなぐ壁の棚板がジョンギボンスさんの協力で完成。今日からいよいよブリックを積み上げる作業に入った。直ちゃん、ダンテ、まゆみちゃん、棚板を磨いてくれてありがとう。細かいところをいつも指示してごめんなさいーとても良く仕上がっていると思います。明日はつなぐ壁を完成させて、正面の壁のロビングの設営にも着手したいと思います。

2009年9月17日木曜日

600冊の本のカバー

今日直ちゃんとWissahickon Creekにロビングに行ってきた。昨日Liao Collection のMichelleに貸してもらった彼女のお気に入りの6冊の本のカバーを作る為である。都心の木とは違ってのびのびした樹々の中を久しぶりに歩いて気持ちがよかった。そしてスタジオでついに600冊の本のカバーを作り終えたーそれはつまり、つなぐ本のプロジェクトの為の600本の樹のロビングを終えたということだ。

2009年9月15日火曜日

John Gibbonsの展覧会

以前展覧会で知り合いになったJohn Gibbonsの展覧会がRebekah Templeton Contemporary Artで行われた。おめでとうジョンとイゾベル ー とてもいい展覧会だった。John は来週から始まる私の展覧会の設置を手伝ってくれる。今週末までに準備を整えて、いい展示ができるようにしたい。

2009年9月8日火曜日

直人君のピアノ

先日、去年のニューヨークのプロジェクトで一緒に働いてくれた直人君が,スタジオにヘルパーに入ってくれた。そのあとアシスタントの直ちゃん、改め、溜ちゃん(”なおちゃん” が直人君の ”なおちゃん” とかぶってしまった為、これから彼女は ”ためちゃん” ということになりました)と、やはり先日助っ人にきてくれた(同郷の)まゆみちゃんも加わって、緒にうちでカレーを食べた。料理は全く自信がなかったが,みんなにほめられてほっと一息。私の住んでいるビルのロビーにピアノがあって、そこで(実は元プロのピアニストで,現在は生物化学の大学院生である)直人君が食事のあとにピアノを弾いてくれた。心にしみいる音楽でした。

2009年9月3日木曜日

To Poe

私が唯一甘えられる男の子であったポーが先週の日曜の朝に死んでしまった。その前日、ニューヨークに突然行くことになったので妙子さん宅に立ち寄って元気な姿を見たばかりだったのにー電話を受けて迷わずニューヨークに舞い戻った。冷たくなってしまったポー。まだ生きているようなやすらかな顔をしていた。何度も何度も頭をなでて、妙子さんと憲二さんと一緒に獣医さんのところに連れて行った。

to poe:
you can go but you have to remember me so that i can be with you
you can go but you have to protect me so that i can live with you
you can go but you have to find me in the next life so that i can recognize you, so that we all live together again, with full of light, with joy, share these thoughts with you
you, man, thanks all you gave things to me
i love you so much, as you should already know

生まれ変わって住む世があったら、あるいは今の世で、また会えますように。