2009年10月28日水曜日

Poe in Tsunagu-Wall


小さじに一杯ほどのポーの灰がつなぐ壁に収まった。すぐ下にはお父さんの憲二さんの撮ったスライド(Brooklyn Heights 方面から見たマンハッタン)がある。 大好きだったポー、この灰はカルシウムやマグネシウムや亜鉛やらだけれど,一時はポーの体の一部だった。展示が終わったら特別扱いしてわたしのデスクに置いておこう。ぽーすか、たまには私を思い出して。

かべ

壁ーかべーとは

1)建物の外部を囲む仕切りや,建物の内部の仕切り
2)障害となり,突き破ることが難しいもの

と手元の電子辞書にあった。かべは仕切ることによって建物の空間を分ち,同時に支え,またその仕切られた空間のかたちを決定する重要な要素となる。一方、それが抽象的に使われるときには、一般にネガティブなニュアンスー取り払われなくては行けないのに、なかなかできないものを指して使われることが多いと思う。

何故かべをつくるのか?それは守るためでも,支えるためでも,区分するためでもある。また、かべによって分断された空間は,心地良くもあり,過ごしやすくもあり、他の空間のことを考えなくも良いので物事に集中することができ、自分を守ってくれるありがたい場所ともなる。一方で,外の空間と交わりたいのに、かべのなかに閉じ込められていると感じた瞬間に,自分を守ってくれているはずのかべの存在が,突如ひるがえって、自分を孤独な閉塞のなかに置き去りにした、あるいは、自分を混沌のるつぼに突き落とした犯人の仕掛けた罠のように、重く、分厚く立ちはだかって見えるのである。

守り,支え,自分がその内,あるいは外に存在しているのだ、という認識をさせるかべは、自分以外のまわりにも無数に存在する。それらが合わさって一つの分厚い壁、あるいはつながった空間を作っているとすれば、わたしの存在している世界や認識は、そのかすかな一部の層に過ぎない。層と層のつながりを意識することは,私を世界の一部にする。そして,美しく,醜く,高尚で低俗な、そして平和で野蛮なもの,大切な物とそうでないものが、目の前でゆっくりと合わさって行く。

2009年10月12日月曜日

日野江都子さんのブログ

今日、国際イメージコンサルタントの日野江都子さんがブルーカーペットというサイトで連載されている『ニューヨーク発 Real Cosmopolitan Style & Rules』とうブログで,私の展覧会を紹介してくれた。このブログは「あり方、生き方、姿勢」という意味の”Style”を切り口としてアートやファッション、食、文化や人などなどについて、彼女が選んだトピックについて書かれている。そんなサイトに紹介してもらって少し気恥ずかしいが,本当に展覧会を丁寧に見てくれていて、又それをとても解りやすく読者に伝えてくれているところは、友人ながらさすがだなーと思った。ありがとう。

ーちなみにパートナーであり夫でもあるMas Hinoさんのリンクを、先日の私のグログで間違って古いリンクをかけてしまいました。もしMasさんのギターについて知りたい人は こちらをクリックして下さい。(私はこれを機会にMasさん関係のブログをたどりましたが、かなりなカリスマ度ですーでも本人は結構朗らか)ー

お二人ともフィラデルフィアまで来て下さって本当にありがとう。ニューヨークでまた遊んで下さい。

2009年10月10日土曜日

Philadelphia Asian American Film Festival

今日Philadelphia Asian American Film Festivalで上映されたベトナムのドキュメンタリー"Operation Babylift"を見て来た。ベトナム終戦時1975年、フォード大統領がサインをした孤児移送作戦によって2500人以上に及ぶ戦災孤児、乳幼児がアメリカへと”救出”された。それは明らかな政治パフォーマンスであったことは否めないー養子を育てた親の中に、そして養子となって異国で育つことになったベトナムの子供達の中に,長年繰り返されて来た問いかけと葛藤ーそれをポジティブな視点から編集したドキュメンタリーだった。

貧しい国と豊かな国の価値観の違い、自分のルーツのある国と自分の距離、アイデンティティの問題ーそれは、アメリカの文化の中で育った戦後生まれの日本人にも共通する問題提起でもある。

上映後の質疑応答で、養子として育った制作者の一人が ”答えは一つではない。ある朝起きて,自分が如何に幸運であったかを実感する、またある朝は自分がホーチミンで、眼鏡をかけることもなく暮らしていることが幸福であったかも知れないと思う、人間の信念,考えは変わるものだ。” というようなことを言っていたのが印象的だった。

2009年10月8日木曜日

オープニングの写真が届きました


10月3日のオープニングの様子を写真家の瀧上憲二さんが撮ってくれた。そのほか、フィラデルフィアからは多くの友人が来てくれて、久しぶりにお互いゆっくり話ができて嬉しかった。また、ニューヨークから会場に駆けつけてくれた友人のドロシー、Gohan Society の瀧上妙子さん(と熊ちゃん)、イメージコンサルタントとして活躍している日野江都子さん、知る人ぞ知るカリスマ・ギター&ベース制作者Mas Hinoさん ー皆さん遥々フィラデルフィアまで来て下さって本当にありがとう。

2009年10月4日日曜日

オープニング




写真は今日の午後,瑞希ちゃんがパパと会場に来てくれた時のショットー

昨日、展覧会のオープニングがあった.(その時の写真は後ほど直ちゃんのブログhttp://jp.keikomiyamoriにアップされる予定です)ニューヨークからも友人が来てくれたり,久しぶりの友人にも会えていいオープニングだったと思う。インドの子供が二人,お母さんとやって来た。昨日のプレビューの前に子供たちが1時間半も”つなぐ壁”を観察していたそうで,どうしても壁に自分の物を入れたいと木の破片と蝶の絵が描いてある段ボールの破片を持って来てくれた。小さな手から交換物を受け取ってアクリルのケースに入れ、リストに名前と物の名前を書き込んで”つなぐ壁”の前に一緒に行った.ケースをはめ込んだときの彼らの眼の輝きを忘れられない。

2009年10月1日木曜日

搬入ほぼ終了ー







今日までにほぼインスタレーションが完了した。明日は最後の仕上げをしてプライベートプレビューとオープニングに備えたい。手伝ってくれた皆さんありがとう。特に直ちゃんは頑張ってくれました。