2010年9月21日火曜日

アフリカから帰って思うこと


Naro Moru村では,豊かな家庭でも水は貯め水、無駄にするような資源はほとんどない。畑で取って来た野菜を少ない水で丁寧に洗って、薪で料理する。野菜の皮は家畜にあげて、その他のゴミは薪と一緒に燃やす。

ほとんどの家庭にはトイレもなくて、離れたところに建っている共同のもの(水は使用しない)を使っている。暗闇の中でもそこに到達しなければいけないーしかし、ほとんどの人は、全く問題なく暗闇を歩くことができる。”敬子は闇を歩けないからー”と言われたが、人間って本来そういう能力があったのだなーとあらためて思った。

ケニアだけでも42の部族があり,2008年の選挙のときには,凄惨な争いが起こってしまったそうだ。その悲劇から学び、現在は徐々に部族間でも交流が生まれようとしている。

ピーター先生から、とても心に響くメッセージと学校のレポートを見せてもらった。そこには、“もし敬子があのときの選挙の前に来て、みんながConnection"というコンセプトを享受できたら、ケニア人の歴史が変わっていたかも知れない”と書かれてあった。それは勿論、言い過ぎであるーそれでも、そのことばの中には、みんながつながって,ひとつの共同体として進歩していきたい、という地域のリーダー達の切実な願いを感じることができる。

そんなこともあって、今回、予想以上に私のワークショップが、教育の現場で生かされたことは本当に光栄だし、美術活動が、ただ美しいものを作り出すという役割を超えて、場合によって人々の考え方に影響を与えることができるという貴重な経験をさせてもらった。

いろいろなことを学んで、この小さな村と人たちとつながりを持てたことに感謝したい。これからも,この地域にいろいろな人が訪れますように。私でよければ、現地のリーダー達を紹介します。

ニューヨークに帰って、自分の生活を顧みて,時々感慨に耽っている。